右下奥歯2本治療例

【術前の写真】

48歳の主婦の患者さんです。
右下の奥歯が欠損していたところに、部分入れ歯を使っていました。
部分入れ歯は食事の際に動いて痛みがあったり、ごまのような小さな物が入れ歯の下に入ってしまうと、 痛くて噛めないという悩みがあったそうです。 口を開けた時に、入れ歯の針金が見えたりと、見た目も気になり、あまり人前で笑うことも少なくなってきたそうです。

【術後の写真】

右下の奥歯に2本のインプラントを埋め込み、その上にハイブリッドセラミックの歯が入りました。
入れ歯の時には食べにくかったお餅やするめ、フルーツのいちごも、何の心配もなくたべられるようになりました。
現在は定期健診で半年に1度、お口の状態やかみ合わせをチェックしており、順調に経過しています。