前歯が無くなった場合の治療方法ブリッジ・入れ歯・インプラントの比較

前歯を失った・抜歯しなければいけないとなったときみなさんはどのような治療法を選択しますか?歯科治療としてできる治療法は大きく分けて3つです。入れ歯・ブリッジ・インプラント。

この3つの治療法はどのように違ってどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

今回は前歯に補綴物(ほてつぶつ)を作製する際に適した治療法について紹介していきます。

1.各治療法ってなに?

補綴物の話をしていく前に各治療法の違いについて説明していきます。

ブリッジ

ブリッジとは「橋」を意味していて、欠損している歯の両サイドに歯が残っている場合適用できます。残っている歯に金属の被せ物を作製し、間にある欠損部分に歯の偽物を作製します。ブリッジを被せる歯が虫歯もない健康な歯だった場合は、健康な歯を削ることになるのでお勧めできない治療法です。前歯1本だけの治療には適していますが2本や3本となると注意が必要です。なぜかといえば残っている歯に大きな負担がかかってしまうかもしれないからです。

入れ歯

入れ歯は1本欠損から全部の歯が抜けてしまった場合まで対応出来るユーティリティーな補綴物です。前歯が1本だけ抜けてしまった場合は両隣の歯に金属のバネをかけて維持させます。ブリッジのように両隣の歯を削る必要はないですがバネをかけるので見た目が少し気になってしまいます。またブリッジ・インプラントと大きく違う点は取り外しができるという点です。取り外しができるので入れ歯を綺麗に保ちやすいというメリットがありますが、無くしやすいというデメリットもあります。保管方法については歯科医院で指導してくれるので適切に守りましょう。

インプラント

インプラントは歯の代わりになる新しい治療法です。顎の骨の中にインプラントを埋めることで骨と強固に結合します。入れ歯やブリッジと違う点は強く噛むことができるという点です。骨と強固に結合しているので実際の歯のように噛めるのです。

2.見た目はどれが一番綺麗?

前歯の治療法となれば見た目を気にしてしまいますよね。見た目だけを重視して考えるとインプラントが一番綺麗に治療できます。インプラントは最終的に歯の代わりにする被せ物を患者さんが選ぶことができ、たくさんの種類があります。見た目を気にしている人はジルコニアセラミックやオールセラミックなど透明感のある白さを再現できる被せ物を選ぶようにしましょう。

インプラントの次に見た目が綺麗な治療になるのはブリッジです。ブリッジでも接着性ブリッジは保険診療内でできる見た目に配慮された治療法です。

インプラントほどではないですがブリッジでも綺麗な見た目にすることができます。

入れ歯は歯がすでに並んでいる状態なので自然な歯の並びが再現しにくいです。のっぺらぼうのようなイメージを思っていただくと簡単にイメージできるかもしれません。

3.費用は?

では、各種治療法の治療費はどれくらいかかるのでしょうか。

ブリッジ
ブリッジの中でも接着性ブリッジは保険診療内で適用できるので治療費はそこまで高額になりません。ブリッジの中でもジルコニアやセラミックを使用する場合は1本あたり10万円前後することが多いです。
ブリッジは基本的に3本1組〜になるので30万円以上かかることになりますね。
入れ歯
入れ歯も基本的には保険診療が適用になります。ただし、金属で耐久性を上げる金属入れ歯や残っている歯と入れ歯を磁石でくっつける入れ歯は自費診療になります。
インプラント
インプラントは基本的に自費診療です。1本あたり検査や手術代を含めて30万~60万円するところが多いです。3つの治療法の中でも最も高い治療費になります。

4.壊れてしまった場合は?

入れ歯・インプラント・ブリッジが壊れてしまったらどうしたらよいでしょうか。

入れ歯
入れ歯が壊れる1番の原因は落下です。取り外しができる分落としやすくなっています。前歯の入れ歯ともなればすぐに修理して欲しいところですよね。入れ歯は壊れてしまったら近くの歯科医院へ持っていけば即日で修理してくれます。ただしあまりにも複雑に壊れてしまっている場合は数日時間が必要なことや新しく作り直す必要が出てきます。
ブリッジ
ブリッジが壊れてしまったら基本的には作り直します。前歯の場合は仮歯を作成してくれるので見た目を気にする期間は少なくて済みますができるならブリッジが壊れないよう定期検診に行くことをお勧めします。
インプラント
インプラントは被せ物とボルトで修理できる否かが変わってきます。被せ物が壊れてしまえば新しく作成して被せれば問題ありません。ボルトが壊れてしまうと問題が出てきます。ボルトが壊れる原因には噛む力が強すぎることやインプラント周囲炎という細菌感染を起こすのが原因としてあげられます。ボルトが壊れてしまったら残念ながらインプラント手術をやり直すほかありません。

5.治療期間はどれくらい?

3つの治療法で治療期間は大きく異なります。もっとも治療期間が長いのはインプラントです。次に入れ歯、短いのはブリッジになります。

インプラント
インプラントは手術をする必要があるのでどうしても治療期間は長くなってしまいます。インプラント手術の後に治癒するまでの半年間は治療ができません。そこから被せ物を作製したり、噛み合わせの調整を行えば1年弱は治療期間になるというわけです。
入れ歯
入れ歯でも保険診療で作製する入れ歯であればブリッジと同じ期間で作製できます。しかし、入れ歯の中でも自費のオーバーデンチャーというのは治療期間が多少かかってしまいます。オーバーデンチャーは患者さんの残っている歯と入れ歯に磁石をつけてマグネットのようにくっつけるものです。歯を削り磁石をつける治療が入るので通常の入れ歯治療よりかは治療期間がかかってしまいます。
ブリッジ
ブリッジ治療は自費診療でも保険診療でも基本的に治療期間は変わりません。歯を削って型取りをしてから患者さんに来院してもらえば補綴物が完成しています。

まとめ

今回は前歯に特化してインプラント・入れ歯・ブリッジの治療法の違いやメリット・デメリットを考察してきました。患者さんの要望によってもどの治療法が適切なのか変わってきます。
治療方法を選択する際の判断材料にしていただき患者さんに後悔のない治療方法を選択して欲しいです。

インプラントについてのお悩みは東京銀座歯科にご相談ください

※正常に送信いただきますと返信メールが送付されますのでご確認ください。