インビザライン

iGo(インビザライン ゴー)システムとは?

前歯部の矯正に最適なマウスピース矯正

デジタル技術を生かしたマウスピース矯正のインビザライン。iGo(インビザライン ゴー)システムはインビザラインのうち、前歯~手前の小臼歯の矯正に特化したシステムです。
軽度の八重歯やガタつき、前歯のすき間などを整えたり、インプラントやラミネートベニア治療の補助として使ったり、部分的な軽い矯正に最適です。

型取りは口内スキャナーで読み取るだけ

iGoシステムも含むインビザラインでは、型取りに口内の専用のスキャナーを使います。患者様にはお口を開けていただくだけ。痛みや不快感はなく、デジタルならではの精密な型取りが可能です。読み取ったデータは専用のコンピューターソフトが解析し、それらを元に歯科医師が治療計画を立てます。
また、そのデータはマウスピース製作所にも送信され、治療計画とマウスピースの制作が同時進行されて効率的。治療開始までがスムーズです。

歯の動く様子がシュミレーションで確認できる

スキャナーで取得されたデータは、コンピューター上でわかりやすい3D画像として再現されます。最初の歯並びからどのように歯が動いていくか、どのように完成するかの想定を事前に目で確認できるため、患者様自身の矯正へのモチベーションも上がり、より納得した上で治療を検討することができます。

iGoシステムとインビザラインの違い

iGoシステムもインビザラインの一種ですので、基本のやり方は同じです。治療段階に合わせたマウスピースを順番に装着するだけの矯正方法です。
もちろん、インビザラインのメリットである

  • ほとんど目立たない
  • 取り外しができる
  • 金属アレルギーのリスク無し
  • 通院回数が少なくてすむ

などの特徴も持ち合わせていますが、動かせる歯の範囲や適応する歯並びが限られます。

iGo(インビザライン ゴー)システム インビザライン
治療法 20時間以上マウスピースを装着 20時間以上マウスピースを装着
対象の歯 前歯部(前歯から手前の小臼歯まで) 歯列全体
適応範囲 軽度・部分的な修正 中軽度の修正
治療期間 半年〜1年 半年〜3年

iGoシステムが適するケース

人に気づかれず前歯部を修正したい

前歯部は歯の中でも一番目立つ部分。矯正したくても「金具が目立つ矯正は嫌だな…」と感じる方も多いことでしょう。

しかし、iGoシステムのマウスピースは透明で歯に密着し、人からもほとんど気づかれることがありません。接客や営業のお仕事をされている方にも最適です。

軽い八重歯やすきっ歯を矯正したい

iGoシステムは、軽度のガタつき・八重歯や、すきっ歯などを矯正したい方に最適のシステムです。コンプレックスはあるけれど、部分的で軽度なので大がかりな矯正治療はしたくない。マウスピースをはめるだけで矯正したい。そんな方にはiGoシステムが向いています。

ラミネートベニア治療を効果的に

歯の形や色を整える治療法として、ラミネートベニアという方法があります。これは、患者様ご自身の歯にセラミックの板を貼り付け、理想的な歯の形に整えていく治療法です。形だけでなく、色も希望の白さにすることが可能です。この治療のときは、最初にある程度歯の位置を動かすことで、より効果的で見た目のよい結果が得られるのですが、その補助としてiGoシステムを使用できます。

インプラント治療のサポート

歯周病や抜歯で歯を失ったとき、骨に人工の歯根を埋めて歯を再生するインプラント治療。この際、失った歯の部分に他の歯が寄ってしまい、空間が狭くなっているケースがあります。そんなときにはiGoシステムで歯を動かし、インプラントを埋めるために必要なスペースを確保することができます。

iGoシステム治療の流れ

  1. カウンセリング

    始めは口内の状態を十分に確認することが大切です。患者様それぞれの状態を詳しく調べます。
    また、iGoシステムには医療用の専用アプリがあります。それも活用しながら治療計画を立て、患者様にご説明します。
    ※アプリは医療用で、一般のアプリケーションストアで入手できるものではありません。

  2. 歯型のデータをスキャン

    口内専用のスキャナーを用い、歯型などのデータをスキャンします。それらにデータは専用ソフトで解析されてコンピューター上で画像再現できるので、具体的な治療過程を目で見ることが可能です。

  3. マウスピース制作

    スキャナーでの情報はマウスピース製作所に送信されます。そのデータを元にして1人1人に合わせた精密なマウスピースが制作されていきます。

  4. 治療開始

    マウスピース完成後、治療の開始です。マウスピースは1日20時間以上装着してください。毎日欠かさずつけていただくことで少しずつ歯が移動しますので、1〜2週間ごとにマウスピースを交換していきます。

  5. 矯正完了・保定

    すべての過程が終了し歯並びが整った後は、安定させるための保定装置をしばらくの間装着していただきます。

iGoシステムについてのよくある質問

「アイゴーシステム」とは異なる治療法ですか?
内容はまったく同じです。名称が「アイゴーシステム」から「インビザライン ゴー」へと変更されました。
矯正期間はどのくらいかかりますか?
状態によって個人差はありますが、半年〜1年ほどで完了する場合が通常です。
iGoシステムで抜歯をする必要はありますか?
この治療法で抜歯をすることはありません。iGoシステムはごく軽度・部分的な矯正に適応しますので、抜歯が必要なほどのケースには向かないのです。大がかりな矯正は他の治療法をご検討ください。

iGoシステムの費用について

〇〇〇〇〇〇〇 00,000円