ONEDAYIMPLANT1

30代半ばから少し歯がグラつきだすのを感じ始め・・

若い時は何も気にせず吐く唾に血が混じっていることさえ格好良いなどと思っていた事を思い出す・・・

歯医者の通院はそう多くはないが親知らずの抜歯や歯石の除去などポツリポツリと行くだけだった。そもそも歯は一生生えている物だと勘違いしていた。

そして、30代半ばから少し歯がグラつきだすのを感じ始める。近くの歯医者に通院するが、この時初めて自分が歯周病である事を知る。
とにかく一番グラついている歯は歯茎の奥まで歯周病に冒されているので他の歯にも影響があるので直ぐに抜歯となる。

1本欠ける事で何かが崩れていく。かなり重度の歯周病に冒されており、治療と共に1本づつ歯が無くなっていく。

インプラントもまだ耳にし始めた時でかなり高額な治療費で無くなっていく歯と入れていくインプラントの本数を考えるだけで目の前が暗くなりとにかく何とかしたいと歯医者を転々とするも時間だけが過ぎました。

ワンデイインプラントとの出会い

そう、元々気にしてなかったのだ歯の事なんて・・・

悔やんでも悔やみきれない日が重なる度に笑顔が消え。食事も固いものを避けるようになる。気づけば、30代後半には上・下に入れ歯が入り格好だけの自前の歯もいつ抜けてしまうのか恐々としていた時

運転中の車のラジオから中平先生がワンデイインプラントを語る声がそして最後に「あきらめないで」と。
一筋の光とはこんな事を言うのかなぁと感じつつ、帰宅後、ワンデイインプラントを調べるもやはり治療費は高い。が従来よりも埋め込み本数が少なく、さらに1日で仮歯が入って食事が出来る事などのメリットはすごく魅力であり、自分の様な重度な歯周病の患者に適しているのは間違いない事だけはすぐに理解しました。

数日後、診察予約をして伺う事になるのですが転々とした経験から本当に少しでも良い方向に治療が進むのか不安だけが膨らむのですが、そんな不安も一瞬に消える位に親切に丁寧に診察していただいた西原先生には本当に感謝します。

今後の治療方法やどのように進めていくのかなど親身に相談に乗って頂き、そもそも上・下ともに悪いのですが上あごをワンデイインプラントにし下あごは現存の歯を治療しながら進めて頂ける事になりました。

上あご治療の日程が決まり、いよいよ施術日・・・・・
いろいろ思い出そうとしたのですが、全身麻酔※で気づいた時には施術は終わっていて痛みどころか何も感じずに休憩室で休んでいる事しか思い出せません。
その後、仮歯の装着と調整をしていただき治療は終了。術後の痛みもあまりなく、仮歯とはいえ本当の歯のように見え仮歯で十分じゃないかと思い、良いのか悪いのか1年仮歯で過ごしてしまったくらいです。

噛める喜びは本当にうれしい!

ワンデイインプラントにして直ぐに食事で変化がわかります。噛める!噛めるのです。ちょっと固いものからだんだんと固いものへ、噛める喜びは本当にうれしい!

そして、次は笑顔。数年歯を見せて笑う事を避けてきたので非常にぎこちない笑顔。そう笑顔のリハビリです。それにやはり仮歯ではちょっと笑顔までが限界でした。

今はちゃんとした歯を入れて頂き笑う事にためらいが無くなりつつあります。そして知人から「歯きれいになったなっ」と言われたときは、びっくりというかうれしいというか恥ずかしいというか・・・・

まだまだ歯の治療は続きますが今はHappy

もし、昔の私の様に悩んでいらっしゃる方がいるのであれば、ぜひ一度診ていただく事をお勧めします。

最後に、中平先生、西原先生、そして東京銀座インプラントセンタ-の皆様、いつもありがとうございます。

※静脈内鎮静法のことで、全身麻酔は行いません。