ひどい歯槽膿漏の治療例

【術前の写真】

49歳の女性の患者様です。
歯周病が進行してしまい、ほとんど物が噛めない状況で来院されました。 ご両親も早くから総入れ歯になっていらしたようで、歯周病の進行は、遺伝的な要因もあると考えられる症例です。 5件ほど歯科医院を回ってご相談されたようですが、どの医院でも「総入れ歯しかありません、インプラントは無理です。」と言われたそうです。 しかしながら、入れ歯治療に踏み切る決心がつきませんでした。 なぜならば、ご両親の入れ歯を子供のころから見ていたので、その不自由さは痛いほど感じていたからでした。 このように、お口全体歯周病の進行が著しく、かみ合わせそのものを改善する治療としては、ワンデイインプラントがもっとも適した症例です。

【術後の写真】

抜歯と同時にインプラント埋め込みの手術をした当日から、しっかり固定式の歯が入りましたので、歯が無い期間は一日もありませんでした。 しっかりかみ合わせを治したおかげで、引っ込み思案だった性格から明るい性格になったとお喜びでした。 今では、ご友人たちと旅行に行くのが楽しくて仕方ないとおっしゃっていました。 ワンデイインプラントは、固定式の歯ですが、スクリューで固定されているので、メンテナンス時は歯科医院で外して、 粘膜の状態やセラミックの状態を容易にチェックすることができます。現在は半年に一度の通院でメンテナンスを行っており、 かみ合わせや衛生状態のチェックを定期的に行っているので、とても安心ですとおっしゃっていただいています。