静脈内鎮静法を使用したワンデイインプラント

年齢・性別 40代 女性
主訴 ほとんどの歯がグラグラしているので何とかしたい。歯の治療がとても怖い。
治療内容 上下のワンデイインプラント
治療結果 静脈内鎮静法により恐怖心もなく手術を受けて頂いた。それが自信に繋がったのか、治療終了まで気持ちよく通院して頂き、その後のメインテナンスにもきちんと来院して下さっている。

これまでに何度も歯科治療を受けてこられましたが、その度に恐怖心で一杯になっていたそうです。また金属アレルギーがあることも問診でわかりました。インプラント治療を希望されて来院されましたが、非常に緊張し不安に感じていることが見て取れました。

【術前の写真】

上下ともほとんどの歯が顎の骨に支えられておらず、グラグラしていました。上下ともにワンデイインプラント治療をお勧めしました。手術に対する不安感・緊張感が強いことは、静脈内鎮静法という麻酔を併用することで解消することをご説明しました。

【術後の写真】

上あごには6本、下あごには4本のインプラントを埋め、仮歯を固定しました。「手術の間はウトウトしていてあまり覚えていません。あっという間に終わっていました」と、恐怖心もなく手術を終えることができたそうです。またインプラントはチタンでできており、金属アレルギーのある方に対しても治療可能な場合が多く、この患者様も問題なく治療が終了し、現在もお変わりなくメインテナンスにいらっしゃっています。