総入れ歯からワンデイインプラントへ

年齢・性別 60代 男性
主訴 総入れ歯が安定しない。噛むと痛いので、なんとかしてほしい。
治療内容 下あごのワンデイインプラント
治療結果 あごの骨が極度に薄くなっていたが、下あごを工夫してワンデイインプラント治療を行った。それにより下の歯が固定されると、上あごの入れ歯も安定し、以前より噛めるようになったと喜んで頂いた。

長年総入れ歯を使用していた患者さんですが、噛むと下あごに痛みが出るようになった、と相談にいらっしゃいました。入れ歯もグラグラして噛めないことも苦痛だとのことでした。

【術前の写真】

CTを撮影してみると、顎の骨が極度に薄くなっていることがわかりました。下あごは、骨の中を通っている神経が表出しており、入れ歯がそこを刺激するため痛みが出ることがわかりました。これでは入れ歯を作り直しても痛みは治まらないことをご説明し、下あごのワンデイインプラント治療をお勧めしました

【術後の写真】

下あごに短いタイプのインプラントを4本、神経に触れないように埋入し、人工歯を固定しました。噛む刺激が神経に伝わらないように、歯茎と人工歯が直接触れない程度に調整しました。こうして痛みも出なくなり、安定して噛めるようになったと大変喜んで頂けました。