一般歯科治療で対応した症例

【術前の写真】

転倒によって前歯を折ってしまった患者さんです。歯の根元から折れてしまったためにインプラント治療を希望されて来院されました。
診察の結果、現段階では抜歯してインプラントにしなくても、一般歯科治療で十分に対応できる症例と判断し、患者さんにも納得いただいた上で、インプラントではなく一般治療で治療した症例です。

歯を折ってから2週間以上も経過しており、他院にて根の治療の応急処置が施されていたので、その治療の続きから行うことにしました。
根の治療が終了し、被せるための土台をファイバーコアという審美性に優れた材質で修復した状態です。

【術中の写真】

最終的にオールセラミッククラウンにて、審美的にも機能的にも優れた材質を使用して、歯を装着し、一連の治療が終了しました。今後は、良い状態で長く使っていただけるようにメンテナンスを行っていく予定です。

【術後の写真】

この症例のように、何もかもインプラント治療が適しているとは限りません。歯の状態や患者さんのご希望に応じて、インプラント以外での治療をご提案し、結果満足の得られた症例です。