東京銀座歯科コラム


格安相場にだまされない!
インプラントの適正費用とは

「安心第一とは分かっていてもムダな出費はしたくない!」インプラントにまつわる諸費用の適正価格がわかる情報をお届けします。

1. 格安インプラントの危険性

インプラント治療が高額である一番の理由は、単純に「コストがかかる」ということです。以下に、コストがかかる理由とコストカットするリスクについて述べていきたいと思います。


 第一に、インプラント治療は「体内にインプラントを埋め込む」という、他の歯科治療とは全く異なるタイプの治療であり、外科手術を伴います。そのため、清潔な環境下で行いできる限り感染を予防するということが最も重要なポイントとなります。

かつて、レーシック(視力矯正)手術で、感染対策を怠ったクリニックで集団感染が起きた事件がありました。手術現場での感染予防をないがしろにすると、このようなことがインプラント治療でも起こりかねません。そのためには、針、メス、手袋はもちろんのこと、その他の部分(バキュームや患者さんにかぶせる布など)もできるだけ使い捨て(ディスポーザブル)のものにすることで、再利用をなくし感染のリスクを減らすことができます。

また、手術室の環境を整えるための設備投資にもコストがかかります。手術室を個室にしたり、空調を整えたりすることで、他の治療からの飛沫感染のリスクを低減させることができます。

 格安インプラントを謳っているクリニックでは、このような感染予防に対する設備投資に関してコストカットを行っている可能性が非常に高く、感染したものを口の中から撤去する抜歯と同じような環境で行っていることがあります。インプラント手術後の感染は、インプラントと骨との結合を阻害するだけではなく、炎症が顎骨や副鼻腔などにも波及することがあり大変危険です。滅菌・予防環境への配慮を行っている医院を選びましょう。


 第二に、インプラントには車と同様、軽自動車のようなものから高級外車まで国内外の様々なブランドが存在します。なぜ高額なインプラントを販売するメーカーがあるかというと、そのメーカーでは年々、製品開発を行い患者さんにとってより生体親和性の高い(生体とのなじみが良い)インプラントやその他のパーツの研究や歯科医師への教育・啓蒙活動を行なっているため、その分販売価格が高くなってしまう傾向があります。しかしながら、これは裏を返せば、医療の進歩に対して真摯に向き合い、患者利益に貢献している優良企業とも言えます。

そのようなメーカーが倒産する可能性は非常に低く、アフターケアがおこないやすいことや、長く生体内で機能するインプラントに万が一のトラブルがあっても多くの解決策を持っています。逆に、インプラント自体が安価なメーカーは製品の発展が望めないだけではなく、トラブル時の対応や数年先にそのメーカーが存在しているかは疑問です。口の中という生体で長く機能して欲しいと思うからこそ、安心・信頼できるメーカーを使用している歯科医院を選ぶ必要があります。

 格安インプラントを行っている歯科医院では、この部分でかなりコストカットしている可能性が高いと言えます。特に近年では実績の少ない安価なインプラントが非常に多く出回っており(全て悪いというわけではありませんが)、日本では認可が下りていない製品を歯科医師が韓国などから直接個人輸入しているケースもあるそうです。自分の体の中に埋め込み、長く使うものだからこそ、信頼のある製品を使っている歯科医院を選びましょう。


 第三に、インプラントの上部構造(歯の部分)の素材選びによっても、値段が大きく左右します。一般的に、インプラントの上部構造にはセラミックの素材を用い、近年ではジルコニアという高強度のセラミックスが主流となってきています。

しかし、この材料を扱う技工所も非常に多額の設備投資をしているため、技工料金も高額となります。前歯など、審美的に重要になる部位ではさらにそこから職人の手で、セラミックを盛り足して自然観を演出する必要があり、技術料も増大します。また、インプラントの本数が多い場合も、非常に高い技術とたくさんの専用パーツが必要となり費用が高額になってしまいます。

 格安インプラント治療では、このような上部構造の素材やパーツをできるだけ安価な材料にすることで、価格を抑えています。しかしながら、口の中という過酷な環境で機能する歯の部分には十分な耐久性が求められ、安易に安い素材やパーツを使用することは、後々歯が欠けたりパーツの破損が起きたりして、かえって再度修理費や、最悪の場合、上部構造作り直しなど費用がかさむことも考えられます。

さらに、そのようなトラブルが起きた時、インプラントメーカーがすでに存在していなければ、最悪インプラントを撤去することになるかもしれません。部位やインプラントの本数に応じて、しっかりと最新の材料についての説明を行い、選択肢を提示してくれる医院を選びましょう。


 最後に、直接コストとは関連しませんが、治療をおこなう歯科医師の技術やリスクマネジメントも非常に重要です。高い技術を持った歯科医師は、自己研鑽のために国内外の研修や学会に参加し、最新の治療法を習得しています。そのような歯科医師が、インプラント治療の価格競争に参入することは少ないと思います。

2. 適正価格の根拠とは

上記で述べたように、

a. しっかりとした滅菌・感染予防への配慮や設備投資をおこなっている
b. 信頼できるインプラントメーカーの製品を使用している
c. 歯の部分に適切かつ最新の素材を使用している
d. インプラント治療に関し、常に最新に治療法の研鑽を行っている


を満たす医院において、一番シンプルな奥歯一本のケースでの適正価格は約35〜45万円位と言えるでしょう。うち、1/2以上がいわゆるインプラント体そのもの、その他パーツや上部構造の技工料金で、残りが滅菌環境への設備投資と術者の技術料やその他、医院の家賃・人件費などに充てられています。


3. 価格に見合う診療の見極め方

 以上のように、価格が安ければ良いという問題ではないことが少しご理解いただけたと思います。では、適正価格に見合う診療とはどのように見極めれば良いのでしょうか。


 1つ目のポイントは、治療開始時の十分なインフォームドコンセントです。インプラント治療は高額な治療費・長期の治療期間・手術を伴う外科的侵襲という3つのデメリットがあります。メリットばかりではなく、これらのデメリットやリスクなどしっかりと納得のいくような説明をしてくれる歯科医院を選びましょう。できれば、説明の内容は個人的な内容が多く含まれますので、カウンセリングルームや個室の診療室が望ましいでしょう。


 2つ目のポイントは、インプラント治療をおこなう歯科医院の技量です。インプラント治療を長く行い、経験豊富であることに越したことはありません。さらには、インプラント治療に関する研修の講師や、執筆活動など指導的立場にいる歯科医師であることが望ましいと言えます。歯科医師のプロフィールも確認することをお奨めします。


 3つ目のポイントは、術前ケアとアフターケアの充実です。国家資格を有する歯科衛生士が在籍している歯科医院かを確認しましょう。インプラント治療の前に、きちんと歯周病の治療を行い、またインプラン治療終了後も定期メンテナンスを行うことがインプラント治療を長持ちさせる秘訣です。これらをしっかりとおこなえる衛生士がおり、お口の悩みについて真摯に相談に乗ってくれる衛生士さんがいることは、インプラントを含めたお口の健康を守るためには大変重要な要素です。


author 丸尾 勝一郎




ページトップへ